効率よく自己資金を貯めていきましょう。創業時の借入方法を良く考えて開業後の円滑な資金繰りを図りましょう。

事業計画書は事業の内容、取扱商品、収支予算等を記入したビジネス全体のプラン書です。
融資を受ける際に必要ですが、今後の事業が成功するかどうかを見極めるためにも必要です。

初めて企業する方は、企業に必要な「経験」「人脈」「情報」「資金」などのすべてが不足しているため、リスクが高いと言わざるを得ません。
実際に、個人企業家の5年間の事業継続率は約10%です。そのため「自分自身で考えて稼ぐ」=「起業」という仕組みの構造が必要です。