顧客保護等管理方針

1.顧客保護のための基本方針

当組合は、法令、諸規則、諸規程(以下「法令等」と言います。)を遵守して誠実かつ公正に事業を遂行し、当組合の商品・サービス(以下「商品等」と言います。)を利用し又は利用しようとされる方(以下「お客様」と言います。)の正当な利益の確保及びその利便性の向上を図り、もってお客様からの信頼を確保するために継続的に取り組むこととします。
また、当組合の業務(業務において取得した個人情報を含みます。以下同じ。)に関するお客様からの照会、相談、要望、苦情および紛争への対処が、信用組合の金融ADR制度等により、迅速、適切に処理されることにより、業務改善とお客様の満足の向上が図られ、顧客サポート等の適切性および十分性を確保することを目的とします。

2.経営方針としての位置付け

当組合は、顧客保護等管理を経営上の重要課題の一つとして位置付け、その実践に係る基本方針は理事会の承認を得ることとします。

3.お客様への説明について

当組合は、法令等を遵守して、お客様への説明を要する商品等について、お客様の取引目的、理解、経験、資産の状況等に応じた適切かつ十分な商品説明と情報提供を行います。

4.顧客サポートについて

当組合は、お客様からの相談、苦情等について、迅速かつ誠実に対応し、お客様の正当な利益を公正に確保して、もって当組合の事業についてお客様の理解が得られるように努めます。

(1)
苦情処理措置

当組合は、お客様からの相談、苦情等について、迅速かつ誠実に対応し、お客様の正当な利益を公正に確保して、もって当組合の事業についてお客様の理解が得られるように努めます。

(2)
紛争解決措置

当組合は、金融ADR制度における紛争解決措置として、全信中協の「しんくみ苦情等相談所」の協定する弁護士会を利用することとします。

5.お客様の情報管理について
(1)
当組合は、お客様の情報について、これを適法かつ適切な手段で取得し、正当な理由なく、当組合がお客様に示した利用目的の範囲を超えた取扱や外部への提供を行いません。
(2)
当組合は、お客様情報の正確性の維持に努めるとともに、お客様情報への不正なアクセスや情報流出等の防止のため、適切かつ十分な安全保護措置を講じます。
6.
当組合の業務を外部委託する場合におけるお客様情報の取扱やお客様への対応について当組合がその業務を第三者に外部委託する場合においても、お客様情報及びお客様への対応が適切に行われるように外部委託先を管理します。

お客様からの相談・苦情等については、当組合の各営業店のほか、次のお問合せ窓口を設置します。
お問合せ窓口:総務部
電話番号:082-263-1133