キャッシュカード・通帳・印鑑の偽造・盗難にご注意

あなたの暗証番号は大丈夫ですか?

預金が不正に引き出されるなどの事故が多発しています。
キャッシュカード・通帳・印鑑は厳重に保管管理してください。

● 生年月日・電話番号・お住まいの住所の地番・自動車のナンバー・単純な数字の組み合わせなど、他人に推測されやすい暗証番号を使用しないでください。
類推されやすい番号をお使いの場合は、速やかに変更されることをお勧めいたします。
暗証番号はお客様がATMで簡単に変更できます。

● キャッシュカードの暗証番号はロッカー等他の暗証番号と一緒にしないでください。

● 暗証番号は他人に教えたり、カード上に記入したりしないでください。

● 第三者に暗証番号を知らせたり、キャッシュカードを渡したりしないでください。

● ATMご利用の際に暗証番号を盗み見られないようご注意ください。

● 組合職員や警察官等が店舗内や電話などでお客様の暗証番号をお尋ねすることはありません。

● ご利用明細は放置せず、必ずお持ち帰りください。

● 被害を未然に防ぐためにも、暗証番号やパスワードの定期的な変更をお勧めいたします。

● 万一、キャッシュカードや通帳、印鑑などを紛失されたり、盗難にあわれた場合は、直ちに警察およびお取引店に連絡し、適切な措置を講じて下さい。

※くわしくは、『紛失・盗難等の緊急連絡』をご確認ください。